健保からのお知らせ

2021/01/14

【各種健診・保健指導等】緊急事態宣言を踏まえた対応について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、1月8日から東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県を対象に、14日からは大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県、福岡県、栃木県の7府県に拡大し、緊急事態宣言が発出されました。
今後、感染の勢いが収まらなければ、2月7日までの期間が延長されたり、対象地域が拡大する恐れがあります。
緊急事態宣言期間中、当健康保険組合の各種健診・保健指導等については、下記の通り対応致しますのでお知らせします。
【各種健診・保健指導等】
●厚生労働省から、集団で実施するものについて、緊急事態宣言期間中は、原則として実施を延期すること。個別で実施するものについては、その実施時期や実施方法、実施の必要性や緊急性等を踏まえ、実施機関等と適宜相談の上で実施するかどうか判断すること、との通知が行われております。
●このため、すでに受診を予約されている方に対して、該当医療機関・健診実施機関等から変更、延期等のご連絡がある場合があります。
●ただし、対面によらない事業(電話、電子メール、アプリ等を活用した遠隔による保健指導等)は、引き続き実施する予定です。
●緊急事態宣言の期間終了後も各種検査を実施しない、あるいは、緊急事態宣言期間中は受付自体を実施しない医療機関等があります。該当する場合は、該当医療機関・健診実施機関等より直接ご連絡させていただきます。
(当健康保険組合よりご連絡させていただく場合もあります。)
ご理解いただきますようお願い致します。