健保からのお知らせ

2020/12/14

【ヒートショック】冬に多発する入浴中などの事故にご注意ください!

ここのところ急に寒くなってきました。
これからの寒い季節に注意しなければならないのはヒートショックです。
ヒートショックとは、冬場の浴室やトイレなどで急激な温度の変化で血圧が大きく変動することが要因となりもたらされる健康被害です。
冬の入浴では、暖かい居間から寒い脱衣所で裸になって浴室に移動するため、血管が縮み血圧が上がります。
そして熱いお湯につかると血管は広がり、次第に血圧は下がります。
その後、風呂上がりに再び気温の低い脱衣所に行くと血管が収縮し、血圧が上がります。
このように急激な温度変化による血圧の乱高下は、不整脈、心筋梗塞、大動脈乖離などの循環器疾患や、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害を引き起こすことにつながります。
寒いトイレなどで排便の際にいきむと血圧が上がり、排便後いきみから解放され血圧が下がるのも同様です。

【ご注意いただきたい方】

・高齢者(特に75歳以上)
・不整脈、高血圧、糖尿病などの持病をお持ちの方
・心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの既往症にかかったことのある方
・生活習慣においては、飲酒・食事・服薬直後に入浴される方
・一番風呂、深夜、高温(42℃以上)の入浴

【ヒートショック防止対策】

・専用の暖房器具などで、入浴前に脱衣所を、使用時にトイレを暖めておきましょう
・すでに浴槽にお湯がたまっている場合、入浴前にふたを開けて浴室を暖めておきましょう
・入浴時、湯温は41℃以下で、湯につかるのは10分までにしましょう
・浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう
・食後すぐやアルコールが抜けていない状態での入浴は控えましょう