健保からのお知らせ

2020/10/23

【かぜ予防×インフルエンザ予防×コロナ感染予防】

今年の冬はかぜだけでなく、インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行の可能性があり注意が必要です。
インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の初期症状はよく似ており、特に新型コロナウイルス感染症の特徴的な症状としてあげられる味覚障害・聴覚障害は必ずしも全員にみられるわけではなく、症状だけで診断することは難しいと言われています。
かぜの予防、インフルエンザと新型コロナの同時流行へのそなえとして、
①インフルエンザワクチンの接種
②3密(密閉、密集、密接)を避ける
③手洗い、手指消毒、うがいの励行
④マスク着用、咳エチケットの遵守
⑤普段からの健康管理による免疫力の向上(栄養バランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動)
など、感染予防策の徹底を改めてお願い致します。
※インフルエンザについては、添付ファイル:厚生労働省リーフレット「インフルエンザ一問一答」をご参照ください。
※インフルエンザの流行期は例年12月~3月頃で、ワクチン接種後、効果がでるまで約2週間ほどかかります。このため、12月上旬までの予防接種をおすすめします。

 

添付ファイル