健診とは?

健康保険組合は、高齢者医療確保法に基づき、40歳~74歳の被保険者・被扶養者を対象に、高血圧症・脂質異常症・
糖尿病等の生活習慣改善を目的とした「特定健診/特定保健指導」の実施義務があります。

事業主は、労働安全衛生法に基づき「健康診断/健康診査」を実施しなければなりません。労働者は、受診義務が
あります。

各法により、検査項目、判定値は異なります。

図

【各法の検査項目】

内容 検査項目 高齢者医療確保法
(特定健診)
労働安全衛生法
(健康診査/健康診断)
診察 既往歴
  うち服薬歴
  うち禁煙歴
業務歴  
自覚症状
他覚症状
身体計測 身長 ○ (注)
体重
腹囲 ○ (注)
BMI ○ (注)
血圧等 血圧
肝機能検査 AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
血中脂質検査 中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
(Non‐HDLコレステロール)
○ (注) ○ (注)
血糖検査 空腹時血糖
HbA1c △ (注)
随時血糖 ◎ (注) ◎ (注)
尿検査 尿糖
尿蛋白
貧血検査 ヘマトクリット値  
血色素量
(ヘモグロビン値)
赤血球数
  心電図検査
  眼底検査  
  血清クレアチニン △ (注)
  視力  
  聴力  
  胸部エックス線検査  
  喀痰検査  

○ :必須項目

△ :医師の判断に基づき選択的に実施する項目

◎ :いずれの項目の実施でも可

※ :必須ではないが、聴取の実施について協力依頼

(注)各項目について個別の条件あり。