データヘルス計画

データヘルス計画とは

平成25年6月に閣議決定された「国民の健康寿命の延伸」を目指す、国の新たな取り組みの一つです。

すべての健康保険組合は、健診結果やレセプト(診療報酬明細書)のデータ分析をもとに、健康増進のための保健事業=「データヘルス計画」を策定し、平成27年度からの実施が義務づけられています。

平成30年度より第2期データヘルス計画を実施しています!

当健康保険組合でも、平成30年度から平成35年度までの第2期データヘルス計画を実施しています。

成功のカギは、企業と健康保険組合の協働(コラボヘルス)です!

最近、働き盛りの年代を中心に、生活習慣病やメンタルヘルスに問題を抱える従業員が増えています。疾病の重症化は、本人や家族の医療費負担のみならず、企業にとっても貴重な労働力の損失につながります。
健康保険組合が企業と密接な連携をとり、一体となった「データヘルス計画」を推進し、従業員と家族の健康の保持増進を通じて、企業活動の維持・向上に貢献します。

厚生労働省が定めた「保健事業実施指針」に基づき、企業や健康保険組合の特性に合わせた計画を策定します!

STEP 1

現状を構造的に把握する

(1)現在の取組みの棚卸し(加入者の属性、事業所の概要を整理し、第1期データヘルス計画での健保組合・事業主の取組みを振り返る)

(2)基本分析で現状把握(健診・レセプトデータ等から現況を把握)

① 事前準備;特定健診・特定保健指導の実施状況、特定保健指導の対象者割合の把握

② 保健事業の対象とすべき疾病の把握;顕在化した医療費、潜在的なリスクの把握

③ 詳細な把握;問題の構造化

STEP 2

健康課題を優先順位づけする

現状把握から見える健康課題を抽出し、優先順位づけ。併せて対策の方向

STEP 3

課題解決に資する事業を選定し、目標・評価指標を設定する

健康課題を解決するための保健事業を「保健事業の基盤」、「個別の事業」ごとに選定。目標と評価指標を設定し、対象及び方法を検討

保健事業の実施

STEP 4

事業評価と見直し

評価指標で目標達成を確認し、必要に応じて計画を見直す